無料相談受付中
無料相談受付中

小牧を中心に、愛知県尾張、岐阜県東濃・中濃など、相続税生前対策、相続税試算、相続税申告、遺言、遺産分割、相続放棄のご相談なら安形会計へ

ホーム » 相続開始【前】 » 生前にできること

生前にできること~生前対策の一例をご紹介します〜

一番の相続対策は、時間をかけるために、早めに取り組むことです。
被相続人、相続人、全員で協力して行うことも重要です。
一部の相続人とだけで勝手に行うのではなく、家族会議や行った相続対策は、相続人全員に説明することをお薦めします。

相続開始【前】 『生前にできること』
財産評価・棚卸相続税試算
節税対策遺言書
贈与税申告納税資金確保

節税対策

節税対策

暦年贈与、相続時精算課税、住宅取得資金贈与などがあります

納税資金確保

納税資金確保

現預金を非課税財産となる生命保険への組換えができます

争続回避

争続回避

親族でもある相続人同士がモメないように作成しましょう

節税対策暦年贈与・相続時精算課税・住宅取得資金贈与など

暦年贈与

暦年贈与

年間110万円以下の贈与は非課税

この制度を上手に活用すれば、相続財産を減らすことができ、相続税の節税になります。ただし、年間110万円以下なので、早めに行い、長期間行えると効果が高まります。また、連年贈与とならないように注意が必要です。

優先度 ★★★★★ 5

贈与税の特例の活用

贈与税の特例の活用

お孫さんの教育費も対象?

贈与税には、様々な特例があります。住宅取得取得資金贈与、教育資金贈与、相続時精算課税制度等。
それぞれ要件があり、誰でも活用できるわけではないですが、無理なく適用できそうであれば、活用した方がいいです。

優先度 ★★★★★ 5

納税資金確保現預金を非課税財産となる生命保険への組換え

納税資金確保

納税資金確保

生命保険金が非課税になる場合も

非課税となる相続財産の内の一つに、生命保険金があります。
死亡保険金の受取人が相続人である場合、500万円×法定相続人までの生命保険金は非課税です。相続税の節税にもなり、納税資金を確保することにも活用できます。
相続税を試算し、納税資金がいくらぐらい必要になるかを目安を算出することも重要です。

優先度 ★★★★★ 5

遺産分割方法の検討

遺産分割方法の検討

生命保険金が非課税になる場合も

相続人が複数いる場合、それぞれが相続税の納税資金に困らないように、現預金を準備するとか、現預金の分割方法を検討し、遺言書を作成するなどの方法もあります。

優先度 ★★★★☆ 4

争続回避

家族会議

家族会議

まずは話し合いの場を

家族会議は争続回避のために絶対に必要だと考えております。
死後に、財産をめぐって親族同士でもめることはだれも望まないと思います。
家族会議で、相続財産を明らかにし、その財産の相続方法などを検討するのがいいと思います。
それに基づき、遺言書を作成するとか、信託を活用するなどが、争続回避には有効です。

優先度 ★★★★★ 5

遺言書作成

遺言書作成

まずは話し合いの場を

争続を回避するために有効な方法です。
相続税が安くなる遺産分割方法を決めておける自社株、収益不動産などの財産の所有者が決まっていない期間を作らないなどの効果が期待できます。

優先度 ★★★★★ 5